歯周病になると歯茎から血が出る|歯科で治療を始めよう

腕のいい医師と設備

女性

失った歯を補う治療の一つがインプラントです。京都の歯科でインプラント治療をする場合は失敗のリスクも把握しましょう。成功率を上げるためには腕のいい医師選びと精密な検査が行なえる歯科選びが大切なのです。

もっと読む

分解して色を落とす方法

歯

歯みがきで落とせない着色は大阪の歯科へ行って落としてもらいましょう。そこでは歯の色を分解する薬剤を使ったホワイトニング治療を受けることができます。この治療は二通りの方法から選ぶことができるでしょう。

もっと読む

知らないうちに進行する

先生

虫歯と並んで日本人の多くがかかっている歯の病気というのが歯周病です。成人の約8割はこの歯周病に悩まされているといいます。そして、日本人が歯を失う理由の約4割を占めているのです。なぜ、このように歯周病にかかる人が多いのかというと、歯周病には強い痛みや大きな自覚症状がないからです。初期の段階では自覚症状がほとんどないので自分では気付くことができません。解りやすい症状が出るのは症状の進行がある程度進んでからなのです。解りやすい症状というのが、歯茎から血が出ることや歯のぐらつき、口臭などでしょう。歯ブラシをしただけで歯茎から血が出る場合や、少し触るだけで歯が揺れるようであれば歯周病の可能性があります。そんなときはすぐに大島やその周辺にある歯科へ足を運びましょう。大島の付近にある歯科は歯周病の原因となる歯垢や歯石を除去して治療を行なってくれます。

大島の歯科で歯周病の治療をする場合、まずはどれくらい進行が進んでいるのかチェックすることから始めるでしょう。チェックは歯周ポケットの深さで確認します。歯周ポケットというのは歯と歯茎の間にできる隙間のことで、これが深くなるほど歯周病が進んでいるということになるのです。一般的に歯周病の初期と呼ばれているのはこの歯周ポケットの深さが5ミリまでで、それ以上を中期、8ミリ以上が重度の歯周病となるのです。大島にある歯科では初期の歯周病の場合にスケーリングと呼ばれる方法で歯石や歯垢を落とします。まずは見える部分の汚れを落とし、その後見えない歯周ポケットの中まで掃除してくれるのです。

銀歯の代わりになる素材

歯型

虫歯治療に使われる銀歯は劣化することで再発を招くことがあります。また、見た目もよくありません。それらを気にする場合は川崎区の歯医者さんでセラミックを用いた被せ物をしてもらいましょう。

もっと読む