歯周病になると歯茎から血が出る|歯科で治療を始めよう

分解して色を落とす方法

歯

自分の歯が他の人より黄ばんでいる場合や黒ずんでいる場合、それがコンプレックスになることがあります。このように色がついた歯は不衛生な印象を周りに与えてしまうからです。綺麗に歯みがきを行なっても黄ばみや黒ずみはなかなか落ちないでしょう。歯の表面にあたるエナメル質の部分が汚れている場合は歯みがきだけでも汚れが落ちます。しかし、食べ物やタバコでエナメル質自体が変色して黄ばみや黒ずみの原因になっている場合は、歯みがきは効果的ではありません。そのような場合は大阪や大きな街のある歯科でホワイトニングを行なって歯を白くすることができます。ホワイトニングというのは薬剤を塗布して歯を白くする方法で、歯みがきでは落とすことができない染み込んだ着色にも効果があるのです。ホワイトニングに使われている薬剤は過酸化水素や過酸化尿素というものです。これがエナメル質やその奥に染み付いている着色を分解して漂白してくれるのです。歯みがきで歯が綺麗に白くならないと悩む人は、大阪の歯科でこのように薬剤を使うホワイトニングの相談をしましょう。

大阪やその周辺の歯科では主に2つの方法でホワイトニング治療を受けることができます。歯科で医師に薬剤を塗布してもらうオフィスホワイトニングと、自宅でマウスピースと薬剤を使って自分で治療を進めるホームホワイトニングです。医師の手で薬剤を塗布する場合は分解する力が強い過酸化水素の薬剤を使用することができます。そのため、一度治療をするだけでも大きな効果を得ることができるでしょう。一方、大阪の歯科でホームホワイトニングを選択した場合は歯型を取ってマウスピースを作り、安全に使うことができる過酸化尿素の薬剤を手渡されます。それを自宅でマウスピースに流し込み、毎日装着することで少しずつ歯を白くするのです。毎日薬剤を塗布するのでオフィスホワイトニングよりも白さが長持ちします。