歯周病になると歯茎から血が出る|歯科で治療を始めよう

銀歯の代わりになる素材

歯型

虫歯の治療をしたときに歯を削ることがあります。歯を大きく削った場合、その部分は自然治癒しないので削ったままの形になってしまうのです。そんな歯に川崎区や多くの地域にある歯医者さんは被せ物や詰め物をして、歯の形を整えています。川崎区にある歯医者さんのほとんどは、被せ物や詰め物として金属を使うでしょう。そのなかでも虫歯でよく使われているものといえば銀歯です。銀歯は被せ物の一つで、保険を使って歯に取り付けることができるのです。しかし、銀歯を取り付けた場合は見た目が悪くなってしまうでしょう。歯が乳白色なのに対して金属の銀歯は銀色で目立ってしまうからです。また、銀歯を長年装着していると劣化して歯との間に隙間を作ることがあるのです。そのようにしてできた隙間が原因で虫歯が再発してしまうこともよくあります。見た目や銀歯の劣化を気にするという人は川崎区の歯医者さんで別の素材を使うことができるか相談するといいでしょう。

川崎区の周辺にある歯医者さんでは、銀歯以外の素材を用意しているというところもあります。銀歯以外の素材は保険が使えないので少し高くなってしまいますが、歯と同じような色の素材を使うことができるのです。よく川崎区の歯医者で用いられているのがセラミック素材の被せ物でしょう。セラミックというのは歯と同じような色をしている陶器のような素材です。それを使うことで虫歯治療の跡が目立つことはなくなるでしょう。また、耐久性や生体親和性にも優れているので、長い間劣化せずに使い続けることができるでしょう。この素材は金属ではないので、アレルギーを持っているという人も心配せずに使うことができます。セラミックと同じような素材でジルコニアという人工ダイヤモンドを使うところもあるでしょう。また、硬すぎるセラミックに柔らかいプラスチックを混ぜたハイブリッドセラミックを用いるところもあります。